×

青学大は8秒差で優勝逃す 原晋監督「パズルの組み合わせに失敗」も箱根に手応え

[ 2021年11月7日 14:53 ]

全日本大学駅伝 ( 2021年11月7日    愛知・名古屋市熱田神宮~三重・伊勢市伊勢神宮8区間106・8キロ )

青学大陸上部の原監督
Photo By スポニチ

 「男前大作戦」で3年ぶりの優勝を狙った青学大は駒大にわずか8秒差で敗れ、2位に終わった。原晋監督は「今回の負けは監督の采配ミスと認識しております。優勝争いまで絡んだ自力はありますが、パズルの組み合わせに失敗したかなと思いますね」と淡々と振り返った。

 トップの駒大と18秒差でタスキを受けたアンカーの飯田貴之主将(4年)は8キロ過ぎに駒大・花尾に追いついて並走したが、残り2キロの上り坂で仕掛けた相手に対応できなかった。「優勝を狙える位置でつないでくれたけど、勝負に徹した中で競り負けてキャプテンとして申し訳ない気持ちでいっぱい」とガックリ。9月の出雲駅伝も2区で区間7位に終わっただけに「出雲、全日本と不甲斐ない走りしかできていないので、最後に箱根で何か一つ残して終われたら」と箱根路での挽回を誓った。

 一方、長く負傷に苦しんだ岸本大紀(3年)が3区で完全復活を印象付ける日本人トップの好走を見せ、7区の近藤幸太郎(3年)も学生最強ランナーの駒大・田沢に食らいつくなど収穫はあった。2、6区で失速があった中で優勝争いを繰り広げた内容に、原監督は「大ブレーキがありながら先頭に巻き返す自力があり、さらに同レベルの選手が2、3、4人控えている。力のあるチームだと再認識した大会だった」と強調。返り咲きを掲げる箱根駅伝に向け「どの選手を走らせても良いくらいの力が揃っているので、2区間増える箱根には手応えを感じました。選手の状態を見極める監督としての目力を一層つくっていきたい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月7日のニュース