×

【全日本大学駅伝4区】東京国際大・堀畑がトップでタスキ!区間賞は青学・高橋&東洋・石田

[ 2021年11月7日 10:12 ]

全日本大学駅伝 ( 2021年11月7日    愛知・名古屋市熱田神宮―三重県伊勢市伊勢神宮、8区間106・8キロ )

東洋大・石田洸介
Photo By スポニチ

 全日本大学駅伝は7日、愛知・名古屋市熱田神宮―三重県伊勢市伊勢神宮の8区間106・8キロのコースで行われた。

 4区(11・8キロ)では、トップでタスキを受けた東京国際大・堀畑佳吾(3年)を早大・菖蒲敦司(2年)、順大・石井一希(2年)が追う展開となった。

 中間点は、東京国際大・堀畑がトップ通過。53秒差で早大・菖蒲、54秒差で順大・石井、1分23秒差で明大・小沢大輝(3年)、その後方に法大・松本康汰(3年)が続いた。8位でタスキを受けた青学大・高橋勇輝(4年)は追い上げて6位、東洋大のスーパールーキー・石田洸介(1年)は9位で通過した。

 そのまま、東京国際大・堀畑がトップでタスキリレー。37秒差で早大、1分04秒差で明大、1分14秒差で順大と続いた。青学大は1分24秒差の6位、東洋大は1分35秒差の8位に追い上げた。

 区間賞は青学大・高橋と東洋大・石田が同タイムの34分08秒で獲得した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月7日のニュース