×

古江彩佳 単独首位で折り返し 稲見萌寧が4差で続く

[ 2021年11月7日 12:19 ]

女子ゴルフ TOTOジャパンクラシック最終日 ( 2021年11月7日    滋賀県 瀬田GC北C=6616ヤード、パー72 )

<TOTOジャパン最終日>1番、ティーショットを放つ古江彩佳(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 最終組が前半9ホールを終え、単独首位で出た賞金ランク2位の古江彩佳(21=富士通)が2、6番でバーディーを奪うなど通算15アンダーまで伸ばし、2位に4差をつけて折り返した。

 2位から出た賞金ランク1位の稲見萌寧(22=都築電気)は1バーディー、1ボギーでハーフを終え通算11アンダーで2位。大会2勝の上田桃子(35=ZOZO)は西郷真央(20=大東建託)ともに通算10アンダーで3位につけている。

 通算3アンダーの19位から出た渋野日向子(22=サントリー)は6番までに3バーディーを奪い、一時は10位以内に食い込んだが、9番からの3連続ボギーで後退。12番を終えた段階で通算4アンダーの16位につけている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月7日のニュース