×

中島 アジアアマ初Vでマスターズ切符!松山、金谷に続く日本勢3人目の快挙

[ 2021年11月7日 05:30 ]

男子ゴルフ・アジア太平洋アマチュア選手権 最終日 ( 2021年11月6日    アラブ首長国連邦 ドバイクリーク・クラブ=7203ヤード、パー71 )

中島啓太
Photo By スポニチ

 世界アマチュアランク1位の中島啓太(21=日体大3年)が単独首位から出て68で回り、通算14アンダーで並んだ香港選手とのプレーオフを2ホール目で制し初優勝した。日本勢では10、11年の松山英樹、18年の金谷拓実に続く3人目の快挙を成し遂げた。優勝者には来年のマスターズ、全英オープンの出場権が付与される。

 5メートルのウイニングパットを沈めた中島はガッツポーズをつくった。祝福のウオーターシャワーを浴びると、歓喜の涙をこぼした。

 インタビューには「世界ランク1位でこの大会に優勝できて光栄です。プレッシャーを感じたけど、今週は興奮したし楽しめた」と英語で答えた。

 一時は首位の座を奪われたが、15番のバーディーで追い付いた。プレーオフ1ホール目は第1打をバンカーに打ち込みながらパーで切り抜けると、2ホール目でバーディーを奪い決着をつけた。

 9月のパナソニック・オープンでツアー史上5人目のアマチュア優勝を飾った逸材。松山、金谷に続く快挙を「(松山)英樹さんや(金谷)拓実さんに続きたいと思っていた」と喜んだ。

 8月にアマチュア世界一の称号「マコーマックメダル」を受賞し、来年の全米オープン、全英オープンの出場権を得ていたが、この優勝でマスターズ切符も手にした。

 松山が前回王者として臨む舞台だ。中島は「彼に続くことができて光栄。来年(のマスターズでは)興奮すると思う」と話した。

 ◇中島 啓太(なかじま・けいた)2000年(平12)6月24日生まれ、埼玉県加須市出身の21歳。6歳でゴルフを始める。東京・代々木高―日体大。18年アジア大会で個人・団体で2冠。今年の日本アマチュア選手権で初優勝。1メートル77、75キロ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月7日のニュース