羽生結弦のNHK杯欠場にオーサー・コーチ「彼の直感と望む方向性を信頼」

[ 2021年11月7日 05:30 ]

羽生結弦
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)が右足首故障でグランプリシリーズ第4戦、NHK杯(12、13日・東京)の欠場を決めたことを受け、オーサー・コーチは「彼は経験豊富で自分の決断が正しいと分かっている。彼の直感と望む方向性を信頼している」と述べた。

 国際オリンピック委員会公式サイトが報じた。羽生は2連覇した18年平昌冬季五輪シーズンにも右足首を痛めた。オーサー氏は「4シーズン前に戻ったようで同じ状況だ」とし、挑戦を明言していない北京冬季五輪についても意思確認する考えを語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年11月7日のニュース