×

【全日本大学駅伝5区】早大ルーキー・石塚がトップ奪取、青学大・佐藤が区間賞で猛追3位

[ 2021年11月7日 10:49 ]

全日本大学駅伝 ( 2021年11月7日    愛知・名古屋市熱田神宮―三重県伊勢市伊勢神宮、8区間106・8キロ )

青学大・佐藤一世
Photo By スポニチ

 全日本大学駅伝は7日、愛知・名古屋市熱田神宮―三重県伊勢市伊勢神宮の8区間106・8キロのコースで行われた。

 5区(12・4キロ)は、東京国際大・生田琉海(2年)が2キロ地点をトップで通過し、次いで早大・石塚陽士(1年)。3位集団を明大・尾崎健斗(1年)、順大・野村優作(3年)、法大・川上有生(3年)で形成。3キロ手前で、青学大・佐藤一世(2年)が集団に追いつき3位に浮上した。

 8キロ過ぎに、早大・石塚が東京国際大・生田を捉え、そのままトップに立ってタスキリレー。次いで17秒差の2位で順大・野村、19秒差の3位で青学大・佐藤と続いた。4位はトップと33秒差で東京国際大、5位は58秒差で東京国際大、駒大は1分51秒差の9位。

 区間賞は青学大・佐藤が35分57秒で獲得した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月7日のニュース