×

ラグビー日本代表 ジョセフHCの就任後ワーストとなる55点差大敗「全ての部分で負けた」

[ 2021年11月7日 05:30 ]

リポビタンDツアー   日本5ー60アイルランド ( 2021年11月6日    アイルランド・ダブリン )

ラグビー日本代表のジェイミー・ジョセフHC
Photo By スポニチ

 日本代表のジェイミー・ジョセフヘッドコーチは、得点差としては就任後ワーストとなる55点差で敗れた。時に感情を見せることもある会見では、終始淡々としていた。試合を振り返り「全ての部分で負けた」と完敗を認めた。

 前半は攻撃が全く形にならなかった。特に悔いたのはセットプレー。ラインアウトでスローイングミスが重なった。

 「どの試合もボールを動かすことが大事だが、その前に前へ進むことが重要。ミスがあり、ラインアウトではノットストレートを3回も取られた。そこで勢いをつくらないと難しい。勢いを付ければ、トライは取れると思っている」

 珍しくどの言葉にも力がなかった。
 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月7日のニュース