×

【全日本大学駅伝】国学院大 過去最高の4位!最終8区の伊地知が区間賞でジャンプアップ

[ 2021年11月7日 13:27 ]

全日本大学駅伝 ( 2021年11月7日    愛知・名古屋市熱田神宮―三重県伊勢市伊勢神宮、8区間106・8キロ )

国学院大・木付琳
Photo By スポニチ

 全日本大学駅伝は7日、愛知・名古屋市熱田神宮―三重県伊勢市伊勢神宮の8区間106・8キロのコースで行われ、国学院大が過去最高の4位に入った。優勝は駒大で、2位に青学大、3位に順大が入った。

 国学院大は1区(9・5キロ)で島崎慎愛(4年)が3位で好発進し、2区(11・1キロ)の木付琳(4年)で5位。3区(11・9キロ)の中西大翔(3年)で7位となり、4区(11・8キロ)の藤木宏太(4年)で順位をキープした。5区(12・4キロ)の沼井優斗(1年)で10位と落ちたが、6区(12・8キロ)の坂本健悟(3年)で8位に浮上。7区(17・6キロ)の平林清澄(1年)は順位を守り、最終8区(19・7キロ)の伊地知賢造(2年)が58分33秒で区間賞を獲得する走りで4位まで順位を上げてゴールした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月7日のニュース