×

渋野日向子は7位 3連続ボギーも挽回「どうなるかと思ったけど」

[ 2021年11月7日 14:48 ]

女子ゴルフ TOTOジャパンクラシック最終日 ( 2021年11月7日    滋賀県 瀬田GC北C=6616ヤード、パー72 )

<TOTOジャパン最終日>1番、ティーショットを放つ渋野日向子(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 通算3アンダーの19位から出た渋野日向子(22=サントリー)は7バーディー、3ボギーの68で回り通算7アンダーの7位で大会を終えた。

 第3ラウンドは68と伸ばして迎えた最終日。酒井美紀、セキ・ユウティンとのラウンドで、渋野は出だしの1番で奥から1・5メートルを入れバーディー発進。3番で1・5メートル、6番でも1メートルを沈めた。サンデーチャージも期待されたが、9番からまさかの失速。第2打はピン手前5メートル付近に着弾したが、スピンと傾斜で戻されると手前の花道からの第3打が大きく2メートルオーバーし、返しのパットも外してこの日の初ボギー。ここでリズムを失い10番、11番と3連続でボギーが続いた。

 それでも12番でバウンスバックすると、15、16番で連続バーディーで挽回。18番も2メートルを沈めた。第2ラウンドに崩れたものの、週末は2日連続で68をマークし順位を押し上げた。7バーディーを奪ったラウンドを「ボギーは3連続だったのでどうなるかと思ったけど切り替えて4つ取れて良かった」と振り返った。

 次週の伊藤園レディーズ、2週後の大王製紙エリエール・レディースに出場後は来季の米ツアー出場権を懸けた予選会に出場する。「いい終わり方ができたけど、まだまだ伸びしろがあると感じさせられた。まだ試合もあるので、引き締めて頑張りたい。やることはたくさんなので今は楽しいです。ショット力も上げたいし、飛距離も伸びたい、アプローチ、パッティングの精度。(やることは)全部ですね」と充実の笑みを浮かべる。

 15日には23歳のバースデーを迎える。「来週のコースは若干苦手意識があるんですけど、誕生日は月曜日。誕生日の前に試合を終えられるから、去年ほど気負わなくていいかな。この流れを切らさずに良い位置で終えられるように頑張ります」と笑顔で会場を後にした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月7日のニュース