柔道・大野将平、カトパンと対談で精神面も強化?金色の風船に「くじけそう…」

[ 2020年1月2日 09:10 ]

カトパン突撃!東京五輪伝説の胎動 拡大版

インタビューで笑顔を見せる大野(左)と加藤綾子アナ(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 【取材後記】求道者の印象そのままです。連覇に向けて1ミリの隙もないように突き詰める。休みの日に近所のスパ施設に行くのもコンディショニングのためですし、プライベートも含め生活は全て柔道で回っています。

 大野選手が使い始めた「圧倒的存在」という言葉を周囲が使い始めたら、さらに上を行く「絶対的存在」を目指す。それを言い切れるところが魅力です。

 「金メダルを獲得して自分が挑戦したい大会に向けて頑張りたい」と、すでに五輪の先も見据えています。次の夢は男子無差別級日本一を決める全日本選手権が濃厚でしょう。五輪、世界柔道選手権とともに柔道3冠と言われる大会。最強にこだわるからこそ、そちらに進む可能性が高いとみます。

 今回は金色の風船の中、フェミニンな写真撮影となりました。大野選手は「くじけそう…」と漏らしてましたけど違った意味で精神面も強くなれたのではないでしょうか(笑い)。東京ではリオを超えた絶対王者の美しい柔道を楽しみにしています。(加藤 綾子)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月2日のニュース