【箱根駅伝 往路】青学大が往路新記録で3年ぶりV、4区・吉田祐也が区間新で奪首!

[ 2020年1月2日 13:21 ]

第96回東京箱根間往復大学駅伝 往路 ( 2020年1月2日    東京・大手町~神奈川・箱根町 5区間、107・5キロ )

<箱根駅伝 第5区>1位でゴールする青山学院大の飯田(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 第96回東京箱根間往復大学駅伝第1日は2日午前8時、東京・大手町をスタート。往路は神奈川県箱根町までの5区間、107・5キロで行われ、青学大が5時間21分16秒の往路新記録で3年ぶりの優勝を飾った。1分33秒差の2位に国学院大、3位に東京国際大が入った。前回総合優勝の東海大はトップと3分22秒差の4位だった。

 1区のエース吉田圭太(3年=世羅)がトップと18秒差の7位発進し、各校のエースが集った2区で岸本大紀(1年=三条)が区間5位の好走を見せトップに立った。3区の鈴木塁人主将(4年=流通経済大柏)は東京国際大に抜かれて2位に落ちたものの、最初で最後の箱根駅伝出場となった4区の吉田祐也(4年=東農大三)が区間新の力走で首位を奪還し、2位・東京国際大に1分02秒差をつけた。5区の飯田貴之(2年=八千代松陰)は、国学院大に追い上げられたものの、粘りの走りを見せて箱根芦ノ湖のゴールにトップで飛び込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月2日のニュース