桐蔭学園 2年生の“新怪物”佐藤 前半のみ出場で2T 大阪桐蔭連覇阻止へ実力見せつける

[ 2020年1月2日 05:30 ]

第99回全国高校ラグビー第4日・3回戦   桐蔭学園78 ―5県浦和 ( 2020年1月1日    東大阪市・花園ラグビー場 )

<桐蔭学園・県浦和>前半16分、キックをキャッチし、そのまま右中間にトライする桐蔭学園・佐藤(左)   (撮影・成瀬 徹)      
Photo By スポニチ

 桐蔭学園(神奈川)はAシードらしく、浦和を一蹴した。2年生ながら、高校日本代表候補のNo・8佐藤は前半のみの出場で2トライ。大阪桐蔭の怪物、No・8奥井に匹敵する実力を見せつけた。

 準々決勝で早くも対戦する両校。選抜大会を制した優勝候補は前回、2点差で敗れ優勝を逃した。雪辱を目指すSO伊藤主将は「僕たちもフィジカル(強化)に取り組んできた。勝てる自信がある」と力強く言った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月2日のニュース