【箱根駅伝】筑波大は往路19位 復路は一斉スタートも弘山監督「諦めない気持ちで」

[ 2020年1月2日 14:59 ]

第96回東京箱根間往復大学駅伝・往路 ( 2020年1月2日    東京・大手町~神奈川・箱根町、107・5キロ )

<箱根駅伝往路小田原中継所4区5区>相馬崇史(右)にたすきを渡す筑波大・大土手嵩(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 26年ぶりの登場となった筑波大は、5時間38分53秒で往路19位。復路は一斉スタートとなる。1区の西研人(3年)が11位と健闘したが、4区の大土手嵩(3年)が最下位まで順位を落とすなど地力の差が出てしまった。OBの弘山勉監督は「どの区間もハイペースで対応が難しかった。流れを覆す走力は足りない」と振り返り「ここからシード権は厳しいが、諦めない気持ちでゴールして次につなげたい」と復路に向けて必死に前を向いた。

 前身の東京高等師範学校(東京高師)時代、1920年の第1回大会で総合優勝。26年ぶりの箱根時は厳しい現実を突きつけたが、「他の大学のタオルを持った人が筑波を応援してくれた。26年ぶりに帰ってきて、歓迎していただいた」と指揮官。声援を味方に、復路もタスキをつなぐ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2020年1月2日のニュース