【箱根駅伝】往路区間賞 相沢、ヴィンセントら快走 区間新相次ぐ

[ 2020年1月2日 13:52 ]

第96回東京箱根間往復大学駅伝 往路 ( 2020年1月2日    東京・大手町~神奈川・箱根町 5区間、107・5キロ )

<第96回箱根駅伝往路・戸塚中継所>戸塚中継所、たすきを繋ぎ終え電話する相沢(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 第96回東京箱根間往復大学駅伝第1日は2日午前8時、東京・大手町をスタート。往路は神奈川県箱根町までの5区間、107・5キロで行われ、青学大が5時間21分17秒の往路新記録で3年ぶりの優勝を飾った。1分33秒差の2位に国学院大、3位に東京国際大が入った。

 各区間の区間賞は以下の通り

▽1区(大手町~鶴見中継所、21・3キロ)米満怜(創価大4年、福岡・大牟田高出)1時間01分13秒

▽2区(鶴見中継所~戸塚中継所、23・1キロ)相沢晃(東洋大4年、福島・学法石川高出)1時間05分57秒=区間新

▽3区(戸塚中継所~平塚中継所、21・4キロ)Y・ヴィンセント(東京国際大1年、ケニア・チェビルベレク高出)59分25秒=区間新

▽4区(平塚中継所~小田原中継所、20・9キロ)吉田祐也(青学大4年、埼玉・東農大三高出)1時間00分30秒=区間新

▽5区(小田原中継所~箱根芦ノ湖、20・8キロ)宮下隼人(東洋大2年、山梨・富士河口湖高出)1時間10分25秒=区間新

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月2日のニュース