アジア勢1勝目指す韓国「強いチームが勝つとは限らない」

[ 2014年6月26日 10:14 ]

ベルギー戦を前に記者会見する韓国の洪明甫監督

 ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で1次リーグH組最下位に沈む韓国の洪明甫監督は25日、最終戦のベルギー戦に向けて記者会見し「(突破が決まっている)ベルギーにとっては分からないが、われわれにとっては重要な試合。サッカーは常に強いチームが勝つとは限らない」と意気込んだ。AP通信が伝えた。

 韓国は26日の最終戦でベルギーに2点差以上で勝ち、ロシアがアルジェリアに勝つか引き分けると決勝トーナメント進出の可能性がある。今大会では日本、イラン、オーストラリアのアジア勢が1勝もできずに各組の最下位で敗退しており、リーグ突破を目指す同監督は「アジアにとっての分岐点」と位置づけた。

 2連勝で首位に立つベルギーのウィルモッツ監督は主将のコンパニーが股関節痛で欠場することを明らかにした。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年6月26日のニュース