兄が独でクラブ立ち上げへ 岡崎“海外経験必要”支援約束

[ 2014年6月26日 05:30 ]

W杯ブラジル大会1次リーグC組 日本1―4コロンビア

(6月24日 クイアバ)
 スタンドで応援した岡崎の兄・嵩弘さん(30)は「残念な結果です。誰よりも選手自身が今、悔しい思いを味わっているはず」と話した。

 嵩弘さんは7月からドイツでクラブチームを立ち上げ、11部に参加する予定。「“もっと海外で経験を積むことが、日本のサッカーには必要”という弟も、側面からサポートしてくれる予定です。ブラジルW杯での悔しさを晴らすためにも、立ち止まるわけにはいきません」と前を向いていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年6月26日のニュース