コスタリカ 安全策のドローで“死の組”トップ通過

[ 2014年6月26日 05:30 ]

<コスタリカ・イングランド>D組1位通過を決め、スタンドにあいさつするコスタリカのメンバー(AP)

W杯1次リーグD組 コスタリカ0―0イングランド

(6月24日 ベロオリゾンテ)
 コスタリカは安全策で“死の組”を首位通過した。

 優勝1度のイングランドに対して守備を固めて無失点で引き分け。優勝2度のウルグアイ、4度のイタリアに連勝して既に1次リーグ突破を決めていたが、この日も集中力に満ちた5バックとGKナバスの好判断により勝ち点1を上乗せした。24年ぶり2度目の決勝トーナメント1回戦は29日にギリシャと対戦。ピント監督は「無敗は歴史的なことだ。次にどこが来ても自信はある」と初の8強をにらんだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年6月26日のニュース