“切り札”柿谷は結果残せず 1対1止められ悔しさあらわ

[ 2014年6月26日 05:30 ]

<日本・コロンビア>後半、ドリブルする柿谷

W杯ブラジル大会1次リーグC組 日本1―4コロンビア

(6月24日 クイアバ)
 試合終了間際の絶好機を生かすことはできなかった。FW柿谷が後半24分からFW岡崎に代わって途中出場。FW大久保と2トップを形成し、後半ロスタイムに相手GKとの一対一を迎えたものの、右足から放たれたシュートはブロックされた。

 切り札として投入されながら結果を残すことができず、「どんどん仕掛けようと思っていたけど、勝てなかったのが全て。勝たないといけなかった」と悔しさをあらわにした。

 ▼FW・清武 決めるところで決める、守るところで守る、そういう部分で差が出た。個々の力はまだまだ世界に比べたら劣っている。4年後は自分たちが中心になってやらないといけない。

 ▼DF・森重 「悔しい」の一言しかない。今はそれ以外、考えられない。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年6月26日のニュース