大迫 最後は出番なし…1部ケルンで自分のプレー磨く

[ 2014年6月26日 05:30 ]

4点目を許し、沈む大迫(左から2人目)ら日本ベンチ

W杯ブラジル大会1次リーグC組 日本1―4コロンビア

(6月24日 クイアバ)
 FW大迫は開幕から2試合連続で先発したが、最終戦は出番なしに終わった。

 無得点で大会を終え「悔しさだけが残るW杯。ゴールを取れなかった。そこが一番。もっと成長しないといけない」と肩を落とした。すでに今季所属したドイツ2部1860ミュンヘンから、1部のケルンへの移籍が決定。さらに上の舞台で自身のプレーを磨いていく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年6月26日のニュース