大量4失点の川島 ドヤ顔影潜め「勝つには全ての要素必要」

[ 2014年6月26日 05:30 ]

ゴールに吸い込まれていくボールを見つめるGK川島(左)(右はハメス・ロドリゲス)(AP)

W杯ブラジル大会1次リーグC組 日本1―4コロンビア

(6月24日 クイアバ)
 大量4失点を喫し、GK川島のドヤ顔は影を潜めた。前半17分にPKで失点。バランスを崩して攻めた後半はカウンターから失点を重ねた。

 10年W杯南アフリカ大会直前にレギュラーに抜てきされ、この4年間は守護神の座を死守。背番号1の選手がW杯のピッチに立てないというジンクスを破ったが、3戦6失点と結果は出せなかった。W杯最年長出場記録を樹立した43歳の相手GKモンドラゴンにお株を奪われるドヤ顔を許し「W杯では強豪国が1次リーグで負けることもある。勝つためには全ての要素が必要」と厳しい表情で敗因を分析した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年6月26日のニュース