今野 痛恨のPK献上 後半は守備陣崩壊「頭が真っ白」

[ 2014年6月26日 05:30 ]

前半16分、ペナルティエリア内でファールを与える今野(AP)

W杯ブラジル大会1次リーグC組 日本1―4コロンビア

(6月24日 クイアバ)
 痛恨のファウルを犯した。DF今野が前半16分にペナルティーエリアに進入したFWラモスをスライディングで倒してしまいPKを献上。これをMFクアドラードに沈められ先制点を奪われた。

 後半はカウンターの鋭さを増した相手攻撃陣に得点を重ねられ「個でかわしてくる能力があって前半から圧力がかかっていた」とがっくり。チームとしての戦術が正しかったのかと問われ「今は冷静に考えられない。頭が真っ白」と話すしかなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年6月26日のニュース