出場5回目の日本 敗退→突破→敗退…連続で1次L突破なし

[ 2014年6月26日 12:26 ]

W杯ブラジル大会1次リーグC組 日本1―4コロンビア

(6月24日 クイアバ)
 日本の1次リーグ敗退は出場5回で98年、06年に続いて3回目。敗退→突破→敗退→突破→敗退と連続で1次リーグ突破ができない。

 ≪2度目のワースト失点≫日本の1試合4失点は06年1次リーグのブラジル戦(●1―4)以来、2度目のワースト失点。後半3失点したが、日本のW杯通算22失点のうち17失点が後半に決められている。

 ≪対南米いまだ勝利なし≫今大会は1分け2敗の未勝利で終了。これで日本の南米大陸での国際Aマッチは●●●△●●●●△●の2分け8敗といまだ勝利なし。

 ≪アジア勢も勝利なし≫日本のW杯での対南米勢は●●★●の未勝利を継続。日本に限らずアジア勢のW杯での対南米勢は3分け15敗と、こちらも勝利なし。(★はPK負け)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年6月26日のニュース