6年ぶりの国際舞台も…森重 ベンチで終戦「悔しいの一言」

[ 2014年6月26日 05:30 ]

前半16分、ペナルティエリア内でファールを与える今野(AP)

W杯ブラジル大会1次リーグC組 日本1―4コロンビア

(6月24日 クイアバ)
 DF森重はコートジボワール戦の1試合のみの出場で、初のW杯は幕を下ろした。

 最後はベンチから戦況を見つめ「“悔しい”の一言しかない。今はそれ以外、考えられない」と漏らした。本田、長友らとともに08年北京五輪に出場。1次リーグ3戦全敗で敗退した。6年ぶりの国際舞台。勝利の夢はかなわなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年6月26日のニュース