スアレス“3度目”で…見出しにあの名作映画タイトル

[ 2014年6月26日 05:30 ]

<イタリア・ウルグアイ>キエッリーニ(奥)と接触後、歯を押さえるような素振りをみせるスアレス(AP)
Photo By スポニチ

W杯1次リーグD組 ウルグアイ1―0イタリア

(6月24日 ナタル)
 【25日英紙デーリー・エクスプレス】

 「JAWS 3(ジョーズ3)」――。悪童スアレスの愚行を大きく取り上げたのは、所属クラブ(リバプール)のある英メディア。デーリー・テレグラフ紙が「モンスター」、サン紙が「アニマル」と揶揄(やゆ)した中で、3度目の噛みつき事件を名作映画のタイトルにかけた見出しは秀逸だった。一方で小見出しで「でもイングランド代表は噛む力がなかった」と同代表の未勝利敗退を皮肉るのも忘れなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年6月26日のニュース