遠藤“カズの道”4年後も視野「現役の間は常に代表に入りたい」

[ 2014年6月26日 07:36 ]

<日本・コロンビア>がっくりする本田(右)を遠藤が慰める

W杯ブラジル大会1次リーグC組 日本1―4コロンビア

(6月24日 クイアバ)
 34歳、チーム最年長の遠藤は4年後のW杯にも意欲を見せた。「カズさんじゃないけど、現役でいる間は常に代表に入りたい。年齢は今のところ気にしていない。科学的にはいろいろ出て来るだろうけど気にしてもしようがない」。切り札的な存在として2試合に出場、得点には絡めなかったが、衰えぬ技術で攻撃のアクセントとなった。

 もちろん1次リーグ敗退に満足などしていない。それでも特に最後のコロンビア戦で攻撃的な戦いができたことには充実感がにじむ。「個の勝負で埋めきれない差があるのも事実。グループで戦うことも必要。それでも今回はいいチャレンジだったと思う。監督が代わっても、細かくパスをつないで攻撃的にいくべきだと思う」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年6月26日のニュース