×

「ちむどんどん」放浪の賢秀は千葉に出没!ネット「今度こそ?」“反省の日々”もビッグビジネス準備中?

[ 2022年5月27日 08:15 ]

連続テレビ小説「ちむどんどん」第35話。千葉にいた賢秀(竜星涼)(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の黒島結菜(25)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は27日、第35話が放送された。

 <※以下、ネタバレ有>

 朝ドラ通算106作目。タイトルは沖縄のことばで「チム(肝=心胸・心)が高鳴る様子」「胸がドキドキする」という意味。映画「パッチギ!」「フラガール」などで知られ、2014年後期「マッサン」を担当した羽原大介氏がオリジナル脚本を手掛ける。今年、本土復帰50年を迎えた沖縄を舞台に、沖縄料理に夢を懸けるヒロイン・比嘉暢子(のぶこ)ら個性豊かな4きょうだい、本土復帰からの歩みを描く。

 第35話は、暢子(黒島)とオーナー・房子(原田美枝子)の“ペペロンチーノ対決”。負ければクビの暢子が作ったものは、シェフの二ツ橋(高島政伸)らに好評だった。そして、房子の作ったペペロンチーノの出来は…。良子(川口春奈)は博夫(山田裕貴)と無事に結ばれることに。賢秀(竜星涼)は再び実家を去り、関東を放浪。ある出会いを迎える…という展開。

 ペペロンチーノ対決の半年後、1972年(昭和47年)冬。暢子は5月に上京してから初の帰省。良子と博夫が結婚し、お披露目された。良子は白無垢、博夫は紋付袴。賢秀からは「オレは今、ひたすらに反省の日々を送っています。そして、みんなの暮らしを楽にするため、ビッグなビジネスの準備を着々と進めています」と手紙。本人は千葉にいた。そこには養豚場の経営者・猪野寛大(中原丈雄)の姿があった。

 SNS上には「賢秀の“こよなく豚を愛する男”設定がようやく…?」「わっ、やっと賢秀が豚と接続した(今度こそうまくいくか…?)」「良子のことを思い出したから、豚の世話しか能がないことも思い出したんだな!そうなんだよな賢秀!」などの声が上がった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年5月27日のニュース