×

「ちむどんどん」ジローラモ&金子昇 朝ドラ初出演!来週新キャスト続々 本田博太郎は6年ぶり

[ 2022年5月27日 08:15 ]

連続テレビ小説「ちむどんどん」。イタリア人シェフ、アレッサンドロ・タルデッリ(パンツェッタ・ジローラモ)(C)NHK
Photo By 提供写真

 俳優の本田博太郎(71)タレントのパンツェッタ・ジローラモ(59)俳優の金子昇(47)がNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)第8週(5月30日~6月3日)に登場することが27日、次週予告などで明らかになった。朝ドラ出演は本田が2016年後期「べっぴんさん」以来約6年ぶり2作目、ジローラモと金子が初となる。

 <※以下、ネタバレ有>

 女優の黒島結菜がヒロインを務める朝ドラ通算106作目。タイトルは沖縄のことばで「チム(肝=心胸・心)が高鳴る様子」「胸がドキドキする」という意味。映画「パッチギ!」「フラガール」などで知られ、14年後期「マッサン」を担当した羽原大介氏がオリジナル脚本を手掛ける。今年、本土復帰50年を迎えた沖縄を舞台に、沖縄料理に夢を懸けるヒロイン・比嘉暢子(のぶこ)ら個性豊かな4きょうだい、本土復帰からの歩みを描く。

 本田が演じるのは、演劇評論家・淀川晴夫役。暢子が勤めるイタリアレストラン「アッラ・フォンターナ」の常連客。

 ジローラモが演じるのは、新聞記者・青柳和彦(宮沢氷魚)がインタビューをするイタリア人シェフ、アレッサンドロ・タルデッリ役。

 金子が演じるのは、和彦が勤める東洋新聞社のベテラン記者・天城役。

 ▼本田博太郎 素晴らしいセットに驚きました。タイムスリップしたようでした。NHKならではの力を感じました。(黒島は)とても芯のある、そしてユーモアセンスもあり、楽しい時間を共有させていただきました。またヨロシク…。

 ▼パンツェッタ・ジローラモ 朝ドラ初出演、すごくうれしいです。ありがとうございます!私は俳優のプロじゃないので、プロフェッショナルなドラマのスタッフさん方に細かく教えてもらいながら演技をする機会があったことが本当にうれしかったし、とても楽しかったです。だから、またチャンスがあれば呼んでください!(笑)よろしくお願いします!

 ▼金子昇 過去に何度かオーディションに行かせていただいてはいたのですが、なかなか受からず…今回、念願の朝ドラに出させていただき、夢が一つ叶いました!ありがとうございます。レギュラー陣の方々に温かく迎えていただき、前室やカメラが回っていない所でも、楽しくおしゃべりしていただきました。高嶋政伸さん、山中崇さん、宮沢氷魚さん、その節はありがとうございました!撮影が終わっても帰りたくないほど楽しかったです。そしてフォンターナのセットですが、とても温かみがあってホッとさせる内装に、ホントにこの店があったら通うだろなぁーと思うほど素敵なセットでした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年5月27日のニュース