×

「雄太、これからもよろしく」久慈暁子元アナがNBA・渡辺雄太との婚約をサプライズTV生発表

[ 2022年5月27日 05:00 ]

婚約を発表した久慈暁子元アナ(左)とバスケットボール日本代表でNBAの渡辺雄太
Photo By スポニチ

 バスケットボール日本代表でNBAラプターズの渡辺雄太(27)と、4月にフジテレビを退社した元アナウンサーでタレントの久慈暁子(27)の婚約が26日、明らかになった。この日、久慈がフジの情報番組「ポップUP!」に生出演し、サプライズで発表。放送中に「雄太、これからもよろしくお願いします」と呼び掛けるなど、おのろけ全開の笑顔の報告となった。

 退社後初となったテレビ出演で、久慈が突然「私ごとで大変恐縮ですが、バスケットボールの渡辺雄太選手と婚約しました」と報告した。「フジテレビで発表したかったので」と笑みを浮かべる中、状況をのみ込めない先輩の山崎夕貴アナウンサー(34)ら出演者は驚きのあまり立ち上がったまま。交際報道が一切ない中、番組で婚約を発表するのは極めて異例。スタジオはどよめきに包まれた。

 久慈によると、出会いは、2019年に「めざましテレビ」の取材で行った男子バスケットボールW杯の日本代表壮行会。その後、共通の知人を介して渡辺から連絡先を聞かれ、東京五輪後に本格的な交際へと発展した。渡辺はカナダを拠点に活動しており、久慈が休暇を利用して現地に足を運ぶ約1万キロの遠距離恋愛。結婚時期について番組では「互いの様子を見ながら」と明言はしなかった。

 スポニチ本紙の取材では、スタジオのメンバーも含めて事前に婚約報告を受けていた人物はごくわずか。今年3月に久慈と会った親しい知人も「結婚どころか恋愛の話も一切出なかった」と明かすなど人知れず“隠密愛”を育んでいた形だ。

 渡辺は、NBAプレーヤーとして今季はラプターズで活躍。現在はオフで5月初旬から帰国しており、この間にチームとの契約は切れ、来季の所属は未定だ。かつて実業団で選手として活躍していた父の英幸さんは本紙に「おめでとう。婚約して、男としてより頑張ることができると思う。今は来季のNBAチームとの契約がどうなるか分からない状態だけれど、しっかりプレーできるように頑張ってほしい」と祝福の言葉を寄せ、さらなる飛躍を期待した。

 渡辺は実直な人柄でも知られており、バスケ関係者は「律義で礼儀正しい。ファンサービスや周りへの気遣いも徹底している。そんな姿を見て久慈さんもひかれたのでは」と明かす。一方の久慈は今年4月にフジを退社し、学生時代に所属していた芸能事務所「インセント」で5月から活躍中。実は小学生の時に地元のアイスホッケーチームに所属するなど運動神経抜群で、知人も「スポーツ取材も大好きだった。都会的な見た目だけれども中身はとても素朴。渡辺選手との相性も絶対にぴったり」と太鼓判を押した。

 渡辺は来季の契約に向け準備を進めている最中。久慈の所属事務所は「これから家庭を大事にしながら、仕事もしっかりとやっていきます」。スポーツの縁がつないだ絆。生涯のパートナーを手にした2人からこれからも目が離せない。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年5月27日のニュース