×

きょうロマンポルノの誕生からちょうど50年――これぞ日活「百合」「SM」「偏愛」新作3本の製作発表

[ 2021年11月20日 07:00 ]

日活ロマンポルノ50周年記念プロジェクトのポスター
Photo By 提供写真

 ロマンポルノの誕生からちょうど50年となる20日、日活が新作3本の製作を発表した。かつて人気を博したジャンル「百合」「SM」「偏愛」をテーマに据え、スピリッツを継承しながらも自由な発想のもとで新しい時代の性と愛の物語を紡いでいく趣向。詳細が明らかになるのは先になるが、金子修介(66)、白石晃士(48)、松居大悟(36)の3監督の競作が明らかにされた。

 平成「ガメラ」シリーズ(1995~99年)や「デスノート」(2006年)などで知られる金子監督は「宇能鴻一郎の濡れて立つ」(84年)がデビュー作。まさに原点回帰で、「百合」に腕をふるう。

 「ノロイ」(05年)や「貞子vs伽椰子」(16年)「不能犯」(18年)などでカルト的な人気を誇る白石晃士監督は「SM」に挑み、最新作「ちょっと思い出しただけ」(来年2月11日公開)が第34回東京国際映画祭で観客賞・スペシャルメンションを受賞したばかりの松居監督は「偏愛」を題材に身もだえする人間の姿を描き出していく。

 伝説の成人映画レーベル「日活ロマンポルノ」は1971年11月20日に白川和子主演の「団地妻 昼下がりの情事」(監督西村昭五郎)と小川節子主演の「色暦大奥秘話」(監督林功)で産声をあげ、88年までの製作期間に田中登監督の「実録 阿部定」(75年)や神代辰巳監督の「赫い髪の女」(79年)など数多くの名作も生んだ。

 45周年を迎えた16年には「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」と題した企画が話題を集め、行定勲監督(53)が「ジムノペディに乱れる」、塩田明彦監督(60)が「風に濡れた女」、白石和彌監督(46)が「牝猫たち」、園子温監督(59)が「アンチポルノ」、中田秀夫監督(60)が「ホワイトリリー」を発表。実力派が新作を世に放ち、国内外で評判を呼んだ。

 それに続く50周年記念プロジェクト。作品の内容、キャストなど、全容が明らかになる日が待ち遠しい。なお情報解禁の20日には有識者52人と自主製作ZINE「ORGAZM」が選んだセレクション「私たちの好きなロマンポルノ」がシネマヴェーラ渋谷で上映スタート。こちらも注目を集めそうだ。12月17日まで。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年11月20日のニュース