紅白でテレビ初歌唱 普段はマスクのまふまふ「潔く外す」中村佳穂は「楽しみ」

[ 2021年11月20日 05:30 ]

NHK「第72回紅白歌合戦」出場歌手発表

<紅白歌合戦会見>初出場が決まったまふまふ(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 今年はまふまふ(年齢非公表)と「millennium parade × Belle」の中村佳穂(29)がテレビ初歌唱となる。普段は人前でマスクを着用する、まふまふは「マスクではさすがに歌えないので潔く外したい」、中村は「どんな歌が歌えるか自分でも楽しみ」と話した。18年には米津玄師(30)、昨年はYOASOBIが紅白を初歌唱の場に選んでおり、若者向けのブランディングを強化する路線を強める。

 ▼上白石萌音 今年は芝居でも音楽でも充実した一年でした。その締めくくりに、紅白という歴史あるステージに立たせていただけることを光栄に思っております。(ビデオメッセージ)

 ▼布袋寅泰 初めて参加させていただけることを誇りに思う。皆さまの心が晴れやかな気持ちになるパフォーマンスをお届けしたい。(文書によるメッセージ)

 ▼平井大 いや~、場違いですよ。今でも「いていいのかな?」という感じですけど、本番は心を込めて歌いたい。紅白というと、神々しい感じ。僕とは一番程遠い感じかなと思います。

 ▼Awesome City Club (PORINが大粒の涙を流し)支えてくださる方々に感謝の気持ちを送りたい。ここまで頑張ってきた自分たちにも大きな拍手を送ってあげたい。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年11月20日のニュース