【来週のカムカムエヴリバディ】第4週 稔と勇が出征 娘を出産した安子は焼け跡で、あることを始める

[ 2021年11月20日 13:00 ]

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第4週は「1943-1945」。雉真家の部屋にて。あるものを安子(上白石萌音・左)に渡す稔(松村北斗)(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の上白石萌音(23)が1人目のヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は22日から第4週に入る。

 上白石&深津絵里(48)&川栄李奈(26)がヒロインを務める朝ドラ通算105作目。ヒロイン3人は朝ドラ史上初。2007年後期の名作「ちりとてちん」を手掛けた藤本有紀氏によるオリジナル脚本。ラジオ英語講座と3世代の女性による100年のファミリーヒストリーを描く。安子(上白石)の物語は日本でラジオ放送が始まった1925年(大正14年)の岡山から、安子の娘・るい(深津)の物語は62年(昭和37年)の大阪から、るいの娘・ひなた(川栄)の物語は昭和40年代の京都から始まる。

 岡山市の和菓子屋に生まれた安子は、あんこが大好きな心優しい素直な女の子。激動の世の中を懸命に生き抜いていく。

 主題歌は森山直太朗(45)が作詞・作曲し、AI(40)が歌うオリジナルソング「アルデバラン」。語りは俳優の城田優(35)が務める。

 第4週(11月22日~11月26日)は「1943-1945」。

 学徒動員に応じて、稔(松村北斗)と勇(村上虹郎)は出征。安子(上白石)は娘のるいを授かる。一方、戦況は悪化し本土への空襲が頻度を増す中で、岡山も大空襲を受け市内の大半が焦土に。その後まもなくして終戦を迎える。空襲で家族を失い、悲しみに暮れる安子だったが、父の金太(甲本雅裕)に和菓子作りを教わり、焼け跡で和菓子を売り始める。そんな中、安子の元にさらなる訃報が届く。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年11月20日のニュース