志らく 「Go To キャンペーン」前倒しに「コロナが収束したら、やりましょうっていう話のはず」

[ 2020年7月15日 08:29 ]

落語家の立川志らく
Photo By スポニチ

 落語家の立川志らく(56)が15日、MCを務めるTBSの情報番組「グッとラック!」(月~金前8・00)に出演。新型コロナウイルスの感染者数が増加傾向の中、政府が観光産業などを支援する「Go To キャンペーン」事業の一部を前倒しして22日から開始することに言及した。

 志らくは「Go To キャンペーンをやろうって話が出た時には、コロナが収束したら、やりましょうっていう話のはずだったのに、収束してなければ当然、もっと後にやりましょうってなるのが普通なのに前倒しした」と指摘。

 そして「つまり間で金もうけをしたいやつがいるってだけのこと。はっきり言ってそうでしょ。観光地が潤うのはもちろんあるんだけど、そうじゃないところがもっともっと潤うんじゃないかとと持論を展開し、「だから結局、Go To キャンペーンというのは、要は感染を広めるキャンペーン、そういう可能性が十分ある」と厳しい口調で話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月15日のニュース