カンニング竹山 クラスター発生「THE★JINRO」運営側を批判「すべての演劇人に迷惑をかけている」

[ 2020年7月15日 16:34 ]

カンニング竹山
Photo By スポニチ

 タレントのカンニング竹山(49)が15日、フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜後1・45)に生出演。新型コロナウイルスのクラスターが発生した舞台「THE★JINRO―イケメン人狼アイドルは誰だ!!―」の運営側を批判した。

 番組では、この舞台の出演者が終演後、劇場出入り口で待つファンへ握手やサインに応じていたことを紹介。竹山は「この話を聞いていると完全に運営のミスというか、小劇場うんぬんは関係ないと思いますね、極端に言うと。他の小劇場さんとかは出来る限りでやったり、中止にしたりなさってるわけだから」と、劇場の規模ではなく、運営側に問題があったと指摘。

 「この劇場で若い役者さんたち、この子たちを集めてやったらこういうファンが来て、こういう子たちが出待ちしますよと、逆に言うと、それを見越して企画してるところもあるわけじゃないですか」と推察した。

 「ファンが出待ちする前とかありますよね、それ止めなきゃいけないのに、初めに。たぶん運営側が役者さんとかお客さんにも一応注意したけど、もっと徹底的にやってないからこういうことになるわけですよ」とも。

 自身は赤字覚悟で公演をとりやめてチケットの払い戻しに応じたといい、「お客さんと演者さんを完全に守れる自信がないからしょうがないって決断するわけですよ。(感染拡大などの)情勢を読みながら」と説明。

 「THE★JINRO…」の運営側にも「それ、できたろ。(出演者たちは女性ファンから)大人気のキャーキャー言われるあんちゃんたちなのに、これ管理するの難しいだろうって。会いたくて来るんだから、お客さんは。そのへんをちゃんと読めるスタッフがやらないと結局、他のすべての演劇人に迷惑をかけていることになるから」と、まくしたてた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月15日のニュース