福原遥 照れ笑いで“みつめ顔”「目から“大好き!”という気持ちを」

[ 2020年7月15日 12:23 ]

「ジルスチュアート 1day UV新色・新CM発表イベント」に出席した福原遥
Photo By スポニチ

 女優の福原遥(21)が15日、都内で行われた「ジルスチュアート 1dayUV新色・新CM発表イベント」に出席。同CMでも披露している“みつめ顔”をMCやカメラマンから要求され、照れ笑いを連発した。

 同商品のイメージキャラクターを務める福原は、登壇早々、初挑戦となるプレゼンテーションで、同商品の魅力や特徴について流暢に説明。イベントMCからも「キュート」と絶賛され、「すごく緊張しました。プレゼンはしたことがなかったので、今日ずっと緊張していました(笑)」と安堵の表情を浮かべた。

 また、7月15日よりオンエアされる新CMを見ての感想を求められると「すごく素敵でした」と目を輝かせ、「女性が憧れるというか、キラキラとしたほんわかした世界観がすごくかわいらしくて、そこに自分がいられるというのも嬉しかったです」と笑顔を見せた。

 同CMでは“みつめ顔”を披露。“みつめ顔”のポイントを聞かれると、照れながらも「好きな人にやったら絶対ドキドキするんだろうなって思って、撮影のときは目のアップもすごくあったので、目から“大好き!”という気持ちだったり、この商品の魅力を伝えられないかと思いながら、必死に目を開けていた記憶があります」とコメント。“みつめ顔”を普段、どんなシーンで使うことをオススメしたいか聞かれると「やっぱりここぞというときですかね(笑)。好きな人に向けて、目から“大好きだよ”っていうのを伝えたり、人と話しているときもお互いに目をしっかり見たほうが幸せな気持ちになるので、ぜひ、このコンタクトを付けて、誰かと話すときだったり、自信を持って相手の目を見られたらいいんじゃないかなと思います」とアピールした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月15日のニュース