藤井七段の師匠・杉本八段 16日の棋聖戦第4局「藤井七段としては第4局に決めたい」、勝負メシも語る

[ 2020年7月15日 15:58 ]

杉本昌隆八段
Photo By 提供写真

 将棋の藤井聡太七段(17)の師匠・杉本昌隆八段(51)が15日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)に出演。藤井七段が最年少タイトル獲得を懸けて渡辺明棋聖(36)と対局する16日の棋聖戦第4局(大阪市・関西将棋会館)について語った。

 杉本八段は「藤井七段は強くなる時期。(現在、棋聖戦とともに戦っている)王位戦という貴重な経験を自分の成長として、16日の棋聖戦にぶつけると思う。藤井七段の成長速度と渡辺さんの経験、どちらが勝るか」と言い、「藤井七段としては第4局に決めたいですね。これを(渡辺棋聖が2勝2敗に)追いついたら、渡辺さんが有利になると思います」と話した。そして、14日に藤井七段に少しだけ電話で話したと言い「元気そうで“ステーキカレーおいしかった”と言ってました」と明かした。

 また、番組MCのフリーアナウンサーの宮根誠司(57)から、藤井七段の16日の勝負メシを聞かれ、「やまがそば」の冷そば弁当と予想していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月15日のニュース