的場浩司 クラスター発生の「THE★JINRO」出演者に「考え方が甘いのかな…やっぱり甘いですよね」

[ 2020年7月15日 15:27 ]

的場浩司
Photo By スポニチ

 俳優の的場浩司(51)が15日、フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜後1・45)に生出演。新型コロナウイルスのクラスターが発生した舞台「THE★JINRO―イケメン人狼アイドルは誰だ!!―」の出演者やスタッフたちに疑問を呈した。

 番組では、この舞台の出演者が終演後、劇場出入り口で待つファンへ握手やサインに応じていたことを紹介。こうした“出待ち”へのファンサービスについて的場は、「今までコロナじゃなかった時代に待ってくださっている方とか、入るのを迎えて下さる方とかはいらっしゃいましたけど。今はもう次元が違う状態になっているので。そこに関してはキッチリとガイドラインどおりにやらないといけないと思いますし、役者同士でも普通に話さなきゃいけないことだと思うんすよ」と厳しく指摘。

 「今こういう状況になっている中でお芝居を続けて、お客さんにやっぱり舞台見せたいじゃないですか」とコロナ禍での演劇界の厳しい状況を強調しつつ、今回のクラスターについては「見てもらった後に、お客さんに自分たちからコロナをうつしてしまうという状況っていうのも僕の中では考えられないですし、これは聞いて悔しかったですね」と本音も。

 「ちょっと考え方が甘いのかな。出ていた役者さんたちも若い方が多いんで。終わった後に握手したりとか、一緒に飲みに行ったりというお話を聞いていると、本人たちもコロナウイルスが自分たちにかかるわけがないとか、自分たちは大丈夫だとか、舞台が終わってからの高揚感なのかもしれませんけど」と出演者たちの行動を疑問視。

 「俺たちは大丈夫だろうとやっちゃった感じで、それでノリでまんまとコロナウイルスかかってしまったという。ちょっと、やっぱり甘いですよね」と続けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月15日のニュース