壇蜜 プレゼントの手作りエコバッグは“名前付き”「普段が邪悪だから良い人に見られたい」

[ 2020年7月15日 17:17 ]

タレントの壇蜜
Photo By スポニチ

 タレントの壇蜜(39)が15日、水曜パートナーを務める文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ!」(月~金曜後1・00)に出演し、手作りエコバッグついて話す一幕があった。

 
 “壇蜜まつり”として、以前は「手作りマスク」を共演者やリスナーにプレゼントした壇蜜。今回は「エコバッグを作ったの」と話し、黄と黒の虎柄の生地で作った「ナオト」、唐草模様の生地で作った「ヌスット」、あるキャンディーのパッケージ模様の生地で作った「ヨーグルト」と、それぞれに名前をつけて紹介。お手製のエコバッグは「あづま袋」と呼ばれる三角形になる袋で、壇蜜は「コンビニに袋を(持っていくのを)忘れちゃったときの、応急処置は出来るくらいの大きさです」と説明した。

 壇蜜お手製のエコバッグに対して、水曜リポーターを務めるお笑い芸人の、いとうあさこ(50)は「めっちゃかわいいじゃん。めっちゃいいじゃん」と絶賛し、「本当に思ってるの。コンビニに私のエコバッグを持っていくと大きすぎて(買った物が)中で泳いじゃって。お弁当1個ぐらいだとこういうちっちゃいのがいいの」と明かした。

 パーソナリティーの大竹まこと(71)から「お前、よくそんな(作る)時間あるな」と問われ、壇蜜は「無いのよ。無理やり作っているんですよ。良い人に見られたいからさ、良い人に」と吐露。さらに、いとうから「良い人になるって忙しいね」と気づかわれると、壇蜜は「そうなんですよ。普段が邪悪だからね、良い人に見られたいんです」と締めくくっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月15日のニュース