宮瀬茉祐子アナ、発熱と喉の痛みで「モーニングCROSS」出演見合わせ 堀潤氏が説明「大事を取って」

[ 2020年7月15日 10:14 ]

宮瀬茉祐子アナウンサー
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの宮瀬茉祐子(38)が15日、前日から発熱と喉の痛みがあったため、キャスターを務めるTOKYO MX「モーニングCROSS」(月~金曜前7・00)の出演を見合わせた。また、MCを務める堀潤氏(43)は同局番組関係者に新型コロナウイルス感染の疑いが出たため、リモート出演に切り替えた。

 自宅から出演した堀氏は、宮瀬アナについて「きのうのモーニングCROSS放送後に発熱がありまして、喉に違和感があったため大事を取ってきょうは出演を見合わせております」と説明した。

 宮瀬アナは番組放送中に自身のツイッターを更新。「皆さま、ご心配おかけして申し訳ございません」とお詫びし、「昨日より喉の痛み、発熱があり、念のためPCR検査も受けました。咳もでず、味覚に今のところ異常はないのですが、大事をとらせていただいております。一日も早く番組に復帰できますよう、安静に努めます」とつづった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月15日のニュース