妻夫木聡 主婦と不倫する役に「僕はそうならないように努力したい」

[ 2020年2月22日 15:53 ]

映画「Red」の公開記念舞台挨拶に登壇した(右から)間宮祥太朗、妻夫木聡、夏帆、柄本佑、三島有紀子監督
Photo By スポニチ

 俳優の妻夫木聡(39)が22日、都内で行われた映画「Red」(三島有紀子監督)の公開記念舞台挨拶に登壇。主演の夏帆(28)や、柄本佑(33)、間宮祥太朗(26)と“禁断の愛”について語り合った。

 直木賞作家の島本理生さんによる小説を4年がかりで映像化。夫(間宮)も娘もいる主婦(夏帆)が、独身時代の不倫相手(妻夫木)と再会し、快楽に溺れ堕ちてゆく性愛と苦悩を描く。

 物語が描く「愛」について問われた妻夫木は、プライベートでは妻帯者でもあり、回答しづらい様子。主人公の女性と、自身が演じた男性の関係性について、「監督とも話したんですけど、一番言われて腑に落ちたのは宿命という言葉。この2人は宿命だったんじゃないか」との見方を示した。

 「好きとか、嫌いとか、そういう言葉で。制約だとかルールだとかに縛られる関係ではなくて。本当に、ただ一緒にいたいとか、大事に思うというか…今、自分が何を求めているかといったら、この人の存在だという、そういう関係性だったんだろうな。だから(芝居として)やっている時は、その関係性で凄く心地よかったですけど」と撮影を振り返った。

 さらに「今の質問は多分、客観的に見てってことですよね?」と聞き直し、私生活では「僕自身はできれば行きたくないな、という世界ではありますけどね」と回答。

 不倫について「なるべく、そうならないような自分でいられることの方が良いのかな。いろんなことを我慢するのではなくて、小ちゃい不満だとか、我慢していることだとか、いろんな積み重ねがこういう状態を生んでしまうこともあり得るとは思うので」と持論を展開。「僕はそうならないように努力したいかな」と付け加えた。

 妻夫木は、女優のマイコ(34)と4年間の交際を経て2016年に結婚。昨年12月には第1子(性別は非公表)が誕生している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月22日のニュース