スマスマ最終回の“バイバイ”の意図は?中居正広「特にないです。そんなに深くない」

[ 2020年2月22日 05:30 ]

会見で様々な表情を見せる中居正広(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 タレントの中居正広(47)が21日、都内で会見し、3月いっぱいでジャニーズ事務所を退社することを発表した。2日前に個人事務所「のんびりな会」を設立したことも明かし、4月から独立して活動する。

 会見では2016年12月放送の「SMAP×SMAP」最終回で「世界に一つだけの花」を歌唱する中居が見せた振り付けについても話題が及んだ。楽曲の終盤で、人さし指1本を立てて頭上に掲げるのが本来の振り付け。だが中居は、5本の指を一つ一つ折り曲げながら、最後に手を広げ“バイバイ”と手をふるアレンジ。その真意について問われると「特にないです。そんなに深くないです。至ってシンプル。当時もふわふわしてたと思います」と話すにとどめた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月22日のニュース