独立の中居「新しい地図」とは“別の地図”描く「合流は選択肢になし」も将来的な共演には含み

[ 2020年2月22日 06:45 ]

中居正広 ジャニーズ事務所退所会見 ( 2020年2月21日 )

(左から)香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛
Photo By スポニチ

 中居は稲垣吾郎(46)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(43)の「新しい地図」とは“別の地図”を描いていく。会見で「合流を考えなかったのか」との質問に「選択肢になかったですね。1人でやってみようと思った」とキッパリと語った。

 独立後について「新しいこと、こういうものをやりたいという感じではない」とし、SNSやユーチューブを積極的に活用する「新しい地図」については「ネットだとか新しいこともやっている」と語り、目指す方向に違いがあることも口にした。

 だが、一線を引いているわけではない。バラバラな個性を尊重し、高め合ったSMAPの元リーダーらしさは貫いている。

 これまで、パーソナリティーを務めるニッポン放送「中居正広 ON&ON AIR」で「新しい地図」の配信シングル「雨あがりのステップ」を放送。今年1月のテレビ東京「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」の特番にメンバー3人が出演した際には、中居が親しい出川哲朗(56)に頼んで橋渡しをしたといわれている。

 こうした気遣いから「新しい地図」との番組共演の期待が高まっている。中居は「僕もエンターテインメントのど真ん中でやらせてもらいました。99駄目でも1あったらやれるんじゃないかというのがチャレンジ。非常識を常識に変えていく。3人との共演も1~99の中にあると思います」と実現の可能性に言及した。

 「こっちが3人にやろうって言っても“うるせえ、この野郎”って言われるかもしれない。向こうが言ってきてもこっちが“ふざけんな”って言うかもしれない」との軽口の中に、互いに高め合い、再び共演する日を楽しみにしている思いをのぞかせた。

 「新しい地図」の3人は連名でマスコミ各社へファクスで「一緒に頑張ってきた中居くんの新しいスタートにエールを送りたいと思います」とコメント。互いに別々の地図を歩みながら、笑って会える日を目指してまずは一つずつ実績を積み上げていく。

 ▼新しい地図 稲垣、草なぎ、香取が17年9月に立ち上げた3人の活動名義。公式サイトの名称でもあり、3人のスローガンでもある。現在はAbemaTVで月に1回のレギュラー番組「7.2 新しい別の窓」を持つ。国際パラリンピック委員会(IPC)特別親善大使と日本財団パラリンピックサポートセンターのスペシャルサポーターとして活動中。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月22日のニュース