TOKIO城島 中居にSMAPデビュー曲で粋なエール「お互いに『Can't Stop!!』で」

[ 2020年2月22日 08:17 ]

「TOKIO」城島茂
Photo By スポニチ

 TOKIOのリーダー城島茂(49)が22日、メインキャスターを務めるテレビ朝日の情報番組「週刊ニュースリーダー」(土曜前6・00)に出演。前日21日にジャニーズ事務所を3月末で退所すると発表したタレントの中居正広(47)について言及した。

 この日の番組では、終盤まで中居の会見については一切触れず、このまま終わるのか?と思われたエンディング。同局の小木逸平アナウンサー(45)が「きのう、緊急会見を開いた中居正広さん。ある発言が大きな波紋を呼んでいます」と“神妙に”伝え、中居が会見で「城島くん、忘れた。本当にごめん!」と謝罪するシーンが放送された。

 そんな中居の“謝罪”に、城島は「完全にネタですよね。きょう扱うって分かってて、わざと忘れた!って言ってた」と苦笑。ジャニーズJr.時代から寮の同室で生活していたこともある仲だけに、その人柄を「本当に気遣いの人、気配りの人。分かっていてわざとやっている」と称賛。中居からのパスをしっかりと受け、「本当にネタにしてくれてありがとう」と“感謝”しつつ、最後は「これからも互いに『Can't Stop!!』で頑張りましょう!」とSMAPのデビュー曲「Can't Stop!! -LOVING-」を持ち出す粋なエールで締めくくった。

 中居は会見で、後輩には一切退所の報告をしていなかったが、先輩である東山紀之(53)と滝沢秀明副社長(37)には事前に伝えていたことを明かした。会社からは「週刊ニュースリーダー」のMCを務めている城島にも伝えるように言われたが失念していたといい「忘れてた!ヒガシくんの事でいっぱいでした。やっべえどうしよう。城島君ごめん」と平謝りだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月22日のニュース