福岡大大濠、春夏連続甲子園ならず 涙のエース毛利「この夏、一番の投球。悔いはない」

[ 2021年7月24日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権福岡大会5回戦   福岡大大濠0ー3筑陽学園 ( 2021年7月23日    久留米市野球場 )

<筑陽学園・福岡大大濠>準々決勝で敗退し、涙する福岡大大濠・毛利(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 福岡大大濠のエース左腕の毛利海大は11安打を許しながらも3失点と粘ったが、打線の援護に恵まれず春夏連続出場はならなかった。「この夏、一番の投球ができた。持ち味もしっかり出せたし、悔いはない」と涙をぬぐった。今後については進学を希望しており、大学からプロ入りを目指す。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年7月24日のニュース