今秋ドラフト上位候補の高知・森木大智 準々決勝で登板せず チームは勝って4強進出

[ 2021年7月24日 11:28 ]

全国高校野球選手権高知大会 準々決勝   高知10―3高知追手前(7回コールド) ( 2019年7月24日    春野 )

<高知・高知追手前>ベンチで味方を鼓舞する高知・森木大智(中央)
Photo By スポニチ

 高知が高知追手前を下し、準決勝へ進んだ。今秋ドラフト上位候補で最速154キロ右腕の森木大智(3年)は登板せず、試合に出場しなかった。

 3回まで3―3の同点。高知は2回2/3を3失点した先発右腕の杉村優妃から左腕の高橋克弥へ継投。高橋克は1死球のみで4回1/3を無安打無失点に封じ、味方打線の爆発を呼んだ。

高知追手前 1020000―3
高   知 1022041―10

(追)山崎、岡林、山崎、岡林―福留
(高)杉村、高橋克―西野、吉岡

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月24日のニュース