ツイスト打法挑戦の大山に「本人も何となく感覚的にはある。これを実戦でどう試すか」 阪神・矢野監督語録

[ 2021年7月24日 05:30 ]

<阪神全体練習> 笑顔でロングティーを行う大山(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 【23日の阪神・矢野監督語録】

 ▼エドワーズは2軍で先発も経験 現実的ではないかなと思うけど。外国人枠もどうなるか分からないんで、いろんな準備をしておこうかなと。

 ▼大山はツイスト打法にも挑戦 止まるところがあるから加速するわけで、全部が回れば加速なんか一切しない。加速させたいところで腰を逆に切ることで加速させるというもの。前の壁をしっかり保つようにって言うけど、体は回りたい。その一瞬でもポイントで開くのが止められた状態で加速していくのが覚えられたら、もっとさばける、対応もできるんちゃうかなと。本人も何となく感覚的にはある。これを実戦でどう試すか。

 ▼2軍では二保と及川が先発で調整登板 どっちも先発をやってみて、どうしようかっていうのを判断すればいいかな。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年7月24日のニュース