阪神・及川 矢野監督が期待の後半戦ローテ入りへ手応え 2軍戦で3回無安打投球

[ 2021年7月24日 13:52 ]

ウエスタン・リーグ   阪神―中日 ( 2021年7月24日    鳴尾浜 )

阪神・及川               
Photo By スポニチ

 阪神先発の及川は3回無安打無失点。1軍での先発ローテション入りが期待される後半戦に向けて、まずまずのスタートを切った。

 初回は1死から根尾を四球で歩かせるも、郡司を144キロ直球で6―4―3の併殺打に。2回も味方の失策と自らの暴投で2死二塁とピンチを背負ったが、石垣を三ゴロに仕留めて切り抜けた。ラストイニングとなった3回は3者凡退で終えた。

 2年目の今季は5月19日に救援要員としてプロ初昇格し、最速152キロの直球と切れ味鋭いスライダーを武器に15試合登板で防御率1・56。矢野監督は後半戦での先発要員として期待をかけ、及川自身も「チームに求められた役割をしっかり自分の中で果たそうとは思っていますけど、やっぱり先発をしたいとは思っていた。このチャンスをつかみ取れるように」と意気込んでいた。期待の大型左腕が、勝負の後半戦へ一歩を踏み出した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月24日のニュース