ロッテ移籍の国吉 トレード発表から1カ月以上経過しての移籍後初登板に「怪我して投げられなかった」

[ 2021年7月24日 23:00 ]

ロッテの国吉
Photo By スポニチ

 有吉との交換トレードでDeNAからロッテに移籍した国吉が24日、移籍後初登板を果たした。

 イースタン・楽天戦(ロッテ浦和)の6回、2番手としてマウンドへ。和田にソロ本塁打を浴び、1回を2安打1失点だった。

 国吉のトレードが発表されたのが6月14日。1カ月以上が経っての初登板となったが、自身のツイッターには「投げてなかった事に対してネットで色々書いてありましたが、詳しくはいけないけど移籍前に怪我して投げられなかったんです」と故障が理由だったと書き込んだ。

 故障をする前にトレードは決まっていたといい「怪我を隠してたとか、怪我しているのにベイスターズで投げてたわけではありません」と国吉。

 「すぐ投げる事ができず悔しかったですが今日無事に復帰できたので体調整えて早くマリーンズに貢献できるよう頑張ります」と新天地での活躍を誓っていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月24日のニュース