G.G.佐藤氏が話題のピクトグラム全力披露 衝撃の「種目:G.G.佐藤」にフォロワー「自虐がひどい」

[ 2021年7月24日 20:24 ]

G・G佐藤氏が落球した北京五輪の韓国戦

 西武、ロッテなどでプレーした野球解説者のG.G.佐藤氏(42)が24日、自身のツイッターを更新。侍ジャパンの五輪といえば…の“自虐ネタ”を披露した。

 白の全身タイツを着こんだ上からブルーのTシャツを着用して袖まくりし、顔をゆがめた写真をアップ。「#ピクトグラム」「種目:G.G.佐藤」と書き込んだ。

 G.G.佐藤氏は13年前の2008年北京五輪に侍ジャパンメンバーとして出場。準決勝の韓国戦で8回に左翼の守備で落球してタイムリーエラーとなり、翌日の3位決定戦・米国戦でも3回の守備で落球した。

 フォロワーからは「さすが最新ネタで攻めますね」「自虐がひどいw」「競技人口何人ですか?(笑)」「いかに綺麗に落球するか競う競技ですね!」「顔まで完全再現」「宮本慎也さんに怒られますよ笑」などと様々な声が寄せられている。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月24日のニュース