滝川西は4年ぶりの甲子園を逃す エース坪田が序盤に大量失点「相手の勝ちたい気持ちに押された」

[ 2021年7月24日 20:27 ]

全国高校野球選手権北北海道大会準決勝   滝川西4ー14帯広農 ( 2021年7月24日    旭川スタルヒン )

<滝川西・帯広農>4回2死二、三塁から2点適時打を浴びた滝川西・坪田(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 滝川西は帯広農に敗れ、4年ぶりの甲子園を逃した。

 北北海道大会2戦連続完投中の右横手投げエース坪田瑠衣登(3年)が、初回に6長短打に失策も絡んで9失点。「相手の勝ちたい気持ちに押された。初回はツーシームとチェンジアップを低めに投げたが相手に捉えられた」と、波に乗れないまま6回途中で降板した。打線も5回以降は無得点。小野寺大樹監督(45)は「最後まで諦めずによく頑張った。坪田のおかげでここまで来られた」とエースをねぎらった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月24日のニュース