堀内さん「長嶋さんの笑顔…」 開会式登場に感無量「相当、トレーニングされたんじゃないのかな」

[ 2021年7月24日 14:50 ]

堀内恒夫氏
Photo By スポニチ

 元巨人監督で野球解説者の堀内恒夫さん(73)が24日、自身のブログを更新。前日23日夜に国立競技場で無観客開催された東京五輪開会式に登場した巨人の長嶋茂雄終身名誉監督(85)とソフトバンクの王貞治会長(81)、長嶋氏を背後から支えた松井秀喜氏(47)の姿に感動したことをつづった。

 「長嶋茂雄さん」「王貞治さん」「松井秀喜くん」と改めて名前を並べると「もうね この3人が揃ったら俺としてはこれ以上ない、というか感無量だね」と感慨深げ。

 「長嶋さんが歩くトレーニングをしていらっしゃるという話は耳に入ってはきてたんだ。何かあるんだろうな、って思ってたけどまさか、その目的が聖火ランナーのためだとは知らなかったよ。長嶋さんのことだからご自分の足でランナーとして走りたかったんだと思う。現役時代から他人に努力は見せない方だからね、相当、トレーニングされたんじゃないのかな。王さんも松井も一生懸命エスコートしてくれていたね」とつづった。

 「最後、3人が寄り添って医療従事者の方たちに聖火のバトンタッチ」と感動のシーンを振り返った堀内さん。「その時の長嶋さんの笑顔…本当に良かった!遅くまで、大役お疲れさまでした。そして、ありがとうございました」と胸がいっぱいの様子だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月24日のニュース